• cimaacademyweb

官庁訪問期間中なのに安易に教養区分にシフトする人へ


 みなさん、こんにちは。官庁訪問最初の週末いかがお過ごしですか?私は今日、夕方より官庁訪問中の受講生の状況報告及び第2クールに備えての相談に乗っていました。以前より宣言しているように、官庁訪問の情報については一切封印していますので、情報収集のためにこのブログをご覧になっている方は、時間の無駄ですので閉じられることをおススメします。

現在、うちのHPは毎日300名近い方がアクセスしています。それ自体は非常にありがたいことなのですが、官庁訪問初日夜から閲覧数が急増しているのが教養区分に関するブログ記事です。憶測の域を出ませんが、おそらくは官庁訪問が上手くいっていないけれど、なんとしても今年度中に公務員になりたい人が読んでいるのでしょう。

 去年も書きましたし、普段から見解を求められれば至る所で言っていますが、私は夏の官庁訪問を経験した人がその年の教養区分受験にシフトすることには否定的です。理由は極めて単純です。採用数が段違いに多い夏の官庁訪問で早々に絶体絶命状況に追い込まれた人が2クール目以降を放棄して、ほとんど採用数のない12月官庁訪問で内定獲得することなんて、ちょっとでも合理的思考を有していればありえない選択肢だからです。

 せっかく試験に合格したのに、最初の3日間でつらい思いしかしてこなかったら、早々に退散したくなるのも気持ちは理解できます。民間企業にシフトするのもいいでしょう。でも、今年の教養区分試験にシフトするのだけは解せません。何が何でも官僚になりたいというのならば、まずは第2クール以降に向けて、これまでのプロセスをしっかり振り返る作業をすべきでしょう。また、特定の省庁にしか興味がわかない人は、まずは、その思考自体に問題がないかどうか反芻するとともに、それでもなお、当該省庁に対する思いが消えないのならば、悔しさを胸に翌年夏の官庁訪問に向けて様々な活動に勤しむことをおススメします。就職が1年遅れることに不安がる人、霞が関には1年遅れて入省した人なんてごろごろいますし、私の教え子でも2度目の官庁訪問で入省という人もかなりいます。

 以前から言ってるように、そもそも官庁訪問できる人って国家公務員総合職試験の最終合格者のみです。なので、せっかくの機会なので、結果がはっきりするまでは、可能な限り訪問しつづけましょう。私は、今日、妻が実家に戻り久々の1人暮らしに戻りましたので、娘(自慢の娘なので写真載せました)とともに、これからちょっと遅めの食事をします。

いつもより短いですが、それでは、また。


1,025回の閲覧

最新記事

すべて表示

来年に向けていろいろ考えている人へ

みなさん、またまたブログ更新が滞ってしまいごめんなさい。官庁訪問に加え、大学の学期末テストの採点業務もあり、前回のブログ更新からまた1か月以上空いてしまいました(今月最初にして最後のブログです…)。 この間、内定者や9月からイギリスに留学する元受講生が入れ替わり立ち代わり遊びに来てくれて、いろいろ衝撃的な話も聞かせてもらいました(といっても、週刊誌ネタになるような話は皆無です。せいぜい転職・休職・

官庁訪問対策について

みなさん、こんにちは。今月最初のブログです。といっても、連日、官庁訪問対策の指導(ES添削や模擬面接)で空き時間がほとんどないし、最終合格の結果はここ数年、全く眼中にないので(総合職試験の場合、最終合格は官庁訪問参加のパスポートに過ぎない上、進路変更する際、履歴書に書くこともままならないため…)、おそらく、これが今月最初で最後のブログになるかもしれません。 ずいぶん前から機会がある度に、司法試験予

政策論文添削を通して感じたこと

2次試験受験の皆様、お疲れさまでした。昼食抜きで4時間の専門記述はキツかったことでしょう(学部生の方は休憩後に2時間の政策論文もあったので疲労困憊だったと思います)。今年のウチは、昨年の教養区分で官庁訪問の権利を得ている学生、および官庁訪問再挑戦のために他社から移ってきた学生ばかりのため、記述試験は1名しか受験していません。ただし、日頃協力関係にあるアガルートさんには法律区分受験生がたくさん在籍し