• cimaacademyweb

2次記述試験おつかれさま。でも試験はまだまだ続きます…。


 みなさん、こんにちは。「どうなっても知らないぞ!」と例年にも増してゼミ生を脅し続けた結果、本番直前になって私の手元には、数えるのも嫌になるくらい大量の記述答案が溜まりました(CIMA生だけでなくアガルート生の答案も同時期に添削しないといけない状況に陥りました)…。全ての作業を予想問題作成と答案添削に集中した結果、結局、試験前のブログ更新はできませんでした。すみません…。

 2次記述試験お疲れ様でした。私も当日、ゼミ生の激励と添削済み答案の原本返却を兼ねて、試験会場である東大駒場キャンパスに行きました。2015年の時ほどではないけれど(あのときの大量欠席ぶりは本当にすごかったです…)、院卒・大卒全区分が同じ会場である割にはこじんまりしているなあという印象でした。

 試験はというと、直近のゼミが水曜日のため、現時点でまだ私は実際の問題を見ていません。ただ、ゼミ生が「財政学で環境税が出題され、図も含め予想問題そのままに近いのと、経済政策も予想問題同様、金融政策の時間的非整合性が出題された!」と言ってましたので、過去10年分くらいの問題を解きまくっていた人ならば、ちゃんと書けたのかもしれません(問題そのものの講評については、次回のブログで書こうかと思いますが、ゼミ生からの要望がなければ、違う話題にするかもしれません)。

 まあ、事務系で経済区分ほど1次と2次の落差が大きい試験区分はありません。それゆえに、書けた子と書けなかった子の差が法律や政治国際に比べかなり大きいのが常です(経済区分の標準偏差の大きさを見れば一目瞭然です)。なので、今、この世の終わりのように思い詰めている人も拾われる可能性が高いので、ちゃんと人事院面接対策してくださいね。法律区分のように比較的標準偏差が小さい試験で、周囲に比べ出来が悪いのならばともかく、経済は「どの程度が平均なの?」と言いたくなるくらい散らばりが大きいので、「手応えナシ=終わり」と考えるのは早計ですよ!

 さて、CIMA生の4年生はこれから人事院面接対策そして官庁訪問アドバイザリーの時期に入っていきます…といっても、経済理論のような講義があるわけではありません。もちろん、各自作成した各省庁のESに従い、模擬面接はします。だけど、いままでの受講生を見る限り、各自、省庁の説明会等で興味深い話を聞いた後に、日経新聞の経済教室や論文でより深く勉強していくのですが、その際よくわからない記述について、私に「この部分はどういうロジックなのか?」と、3年生の講義後に質問に来る…。そして、一つの答えから、派生的に異なる問題へと話が拡大していく…この繰り返しのほうがはるかに多いです。これまでも、ずーっとそうやってきました。

 ゆえに、課題発見能力が劣る人は本当に来なくなりますが、そういう人で内々定を獲得した人を残念ながら私は知りません。 内々定獲得に至らなかった人は、コネやら出身大学やら、いろいろ外的要因を挙げることで、自分を直視しようとしませんが、そんな怪しげなことを考える余裕もないほど、過去の4年生は私に詰問され続けてきました。3年生の講義後にこうした作業を行うのですから帰りは遅くなるでしょうし、私に怒られてばかりで気持ちも沈むことでしょうが、こちらも体力勝負です。

 官庁訪問までにどれだけの準備ができるかに、これからの自分の人生がかかっているという意識が強ければ、「いま何をしたらいいのかわからない」などと、悠長なこと言ってる暇はないと思います。 ここ数年、底が抜けてしまったかのように合格ラインが下がりまくっていますが、それでも最終合格の権利を獲得できる人は圧倒的少数です。だけど、本当の本番はその翌日から始まる官庁訪問です。合格を最終目標にすることだけはくれぐれもしないでくださいね。

 短いですが、夜10時半から人事院模擬面接が1件あり、提出された面接カードをちゃんと確認しないといけないので今日はこの辺で。 それでは、また。


307回の閲覧

最新記事

すべて表示

来年に向けていろいろ考えている人へ

みなさん、またまたブログ更新が滞ってしまいごめんなさい。官庁訪問に加え、大学の学期末テストの採点業務もあり、前回のブログ更新からまた1か月以上空いてしまいました(今月最初にして最後のブログです…)。 この間、内定者や9月からイギリスに留学する元受講生が入れ替わり立ち代わり遊びに来てくれて、いろいろ衝撃的な話も聞かせてもらいました(といっても、週刊誌ネタになるような話は皆無です。せいぜい転職・休職・

官庁訪問対策について

みなさん、こんにちは。今月最初のブログです。といっても、連日、官庁訪問対策の指導(ES添削や模擬面接)で空き時間がほとんどないし、最終合格の結果はここ数年、全く眼中にないので(総合職試験の場合、最終合格は官庁訪問参加のパスポートに過ぎない上、進路変更する際、履歴書に書くこともままならないため…)、おそらく、これが今月最初で最後のブログになるかもしれません。 ずいぶん前から機会がある度に、司法試験予

政策論文添削を通して感じたこと

2次試験受験の皆様、お疲れさまでした。昼食抜きで4時間の専門記述はキツかったことでしょう(学部生の方は休憩後に2時間の政策論文もあったので疲労困憊だったと思います)。今年のウチは、昨年の教養区分で官庁訪問の権利を得ている学生、および官庁訪問再挑戦のために他社から移ってきた学生ばかりのため、記述試験は1名しか受験していません。ただし、日頃協力関係にあるアガルートさんには法律区分受験生がたくさん在籍し