• cimaacademyweb

長い長い本試験が始まります!


 みなさん、こんにちは。昨日(金曜日)は、択一試験直前最後のテストを実施しました。本当は休みの予定でした…が、学生の要望もあり、本試験2日前ではありましたが、昨年同様、本試験レベルの小テスト(といっても基礎能力+専門で2.5時間規模のものになりましたが…)を実施しました。学生には厳しい言葉を何度となく投げかけましたが、「なんとか、日曜日の目途はたったかな…」と思っています。

 ずーっと長いことこういう稼業をしていると、奇跡というものは信じなくなります。これまでやってきたこと以上の成果は期待できず、体調面や精神面でのトラブルにより、普段よりいくらか出来が悪くなるのが常だと考え、極度の緊張に襲われても合格最低点は確保するつもりで臨むべきです(普段、私に「ここ違う」と指摘されてから、再度解き直して正答に至る習慣の人は、ケアレスミスが習慣づいていることを自覚してください。明日は私、何にも指摘できませんので…)。

 「択一がギリギリだと2次でどうせ…」とか「順位が…」と言う人に対しては、試験の配点基準を知らない、あるいは総合職試験がもう何年も前から人物重視試験に移行した現実を直視しない(できない?)可哀そうな人だと思い、明日は専門試験が終われば、昼休みには教養試験に向けた最後の確認をして(明日は専門試験が午前ですからね!毎年、嘘つく人が多くて本当に閉口します。そんな人間が官僚目指すなんて世も末です…)、終わったら、その日くらいは休んでもいいけれど、できれば専門記述対策に頭を切り替えましょう!(どうせ翌日には、択一の正答番号が発表されるのですから、択一の問題をいつまでも気にする理由はどこにもないと思います…)

 2次対策のことでお悩みの方は、こちらを是非ご覧ください。2次の専門記述の臨み方勉強法がわかりますよ!また、面接や官庁訪問のことが気になる方(気にならない人はいないと思いますが…)、先日、実務教育出版社さんから『受験ジャーナル特別企画5/公務員試験 面接完全攻略ブック』が発売されました。この本のPART7「官庁訪問」は私が執筆していますので、遠方にいるために試験情報がなかなか届かない方は、お近くの書店または大学の就職支援室等で是非ご覧ください!

 試験当日のアドバイスと宣伝だけして、あとはほったらかしというのも気が引けるので、いま、毎年恒例の、当日朝に試験会場で渡す「直前チェック集」を作成しています。財政学や経済事情さらには午後の時事や人文科目といった暗記系科目攻略に役立つ優れモノです。院卒区分およびWEB講座生の方もいるので、何とか今日(土曜日)夜中までにはメールで送信できるよう、おそらく今日は徹夜状態になるのかな?と覚悟しています。経済区分の受講生には、メール(夜中になります…)のほか、試験会場で手渡ししますので必ず受け取ってください。

 それでは、水曜からの直前ゼミに明るい表情でやってくることができるよう健闘を祈ります。いつもより短いですが、今日はこの辺で


229回の閲覧

最新記事

すべて表示

来年に向けていろいろ考えている人へ

みなさん、またまたブログ更新が滞ってしまいごめんなさい。官庁訪問に加え、大学の学期末テストの採点業務もあり、前回のブログ更新からまた1か月以上空いてしまいました(今月最初にして最後のブログです…)。 この間、内定者や9月からイギリスに留学する元受講生が入れ替わり立ち代わり遊びに来てくれて、いろいろ衝撃的な話も聞かせてもらいました(といっても、週刊誌ネタになるような話は皆無です。せいぜい転職・休職・

官庁訪問対策について

みなさん、こんにちは。今月最初のブログです。といっても、連日、官庁訪問対策の指導(ES添削や模擬面接)で空き時間がほとんどないし、最終合格の結果はここ数年、全く眼中にないので(総合職試験の場合、最終合格は官庁訪問参加のパスポートに過ぎない上、進路変更する際、履歴書に書くこともままならないため…)、おそらく、これが今月最初で最後のブログになるかもしれません。 ずいぶん前から機会がある度に、司法試験予

政策論文添削を通して感じたこと

2次試験受験の皆様、お疲れさまでした。昼食抜きで4時間の専門記述はキツかったことでしょう(学部生の方は休憩後に2時間の政策論文もあったので疲労困憊だったと思います)。今年のウチは、昨年の教養区分で官庁訪問の権利を得ている学生、および官庁訪問再挑戦のために他社から移ってきた学生ばかりのため、記述試験は1名しか受験していません。ただし、日頃協力関係にあるアガルートさんには法律区分受験生がたくさん在籍し