• cimaacademyweb

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます


 みなさん、明けましておめでとうございます。今年最初のブログになります。周りでは、昨今流行の「働き方改革」をしっかり満喫している人が増えたようですが、私はというと、前回のブログにも書いたように、委託仕事、大学の定期テスト作問および来期のシラバス作成で、気づいたら正月休みも終わってしまいました。もちろん、大掃除はちゃんとやったし、箱根駅伝(教員を兼ねていることもあり、5年程前から東洋大を応援しています)もしっかりTV観戦しましたが…。

大学およびCIMAアカデミーともに、年明け最初の講義は4日から始まりました。それゆえ、私自身は正月気分から抜け出したつもりですが、みなさんは如何お過ごしだったでしょうか。惜しくも教養区分最終合格に至らなかった人は、新年とともに気持ちを一新して春試験に向けて取り組んでいることと思います。また、最初から春試験に照準を定めている人は新年を迎え、少しは焦り出してきた頃なのではないでしょうか。

 就活の実質的早期化の煽りを受けて、総合職試験と言えども、昔に比べて、1次試験の合格最低点が低下していることから、時間配分さえ間違えなければ、年明けから試験勉強を開始しても経済区分ならば間に合います。ただし、2次試験は1次試験と異なり相変わらず段違いの難易度ですから、1次試験後の勉強開始ではさすがに間に合いません。2次試験のことも見据えるのならば、1次試験向けの勉強をしているときにも、「答えがあっていればそれで良し!」で済ますのではなく、解き方をストーリーとして理解していく習慣を身に付けてください。

 宣伝になりますが、CIMAアカデミーの講座は、そのための最適な手段であると自負しております。先ほど述べたように、試験のハードルは確かに昔に比べて低くなっていますが、一方で、人物重視の傾向は年々強まっており、そのための信用のおける羅針盤の必要性が年々高まっています。CIMAアカデミーでしたら、2次試験及び官庁訪問対策はどこよりも充実していると自負しておりますので、これからの試験勉強開始でも十分間に合います。教養区分試験が終了したことから割引価格にてご案内していますので、ご検討いただければ幸いです。

 また、2年生の方も、教養区分を視野に入れているのならば、この時期から始めてみてはいかがでしょうか。今月半ば以降、財政学、経済事情といった暗記科目が開講します。これらは教養区分では社会科学として例年3~4問出題されます。春試験を受験する3年生とともに受講することから、適度な緊張感もさることながら、これからの勉強スケジュールを把握するのに最適だと思います。早めに試験対策に着手したいという方のお問い合わせをお待ちしています。

 最後に、全く話が変わりますが、CIMAアカデミーでは、講座および説明会案内さらにはブログ更新等でそれなりにtwitterを活用していますが、最近、「ずいぶん煽り気味もしくは上から目線のツイートが目立つなあ」と強く感じます。ビジネスとして活用している以上、そうしたツイートをたくさん目にしてしまうことは避けられないのですが、眼にしてあまり気分の良いものではないし疲労感がドッと出る毎日です。きっと、同じようなことを感じている人もいるのではないかと思いますので、そんな人に向けて、ココロが和む写真を最後にお見せしましょう(うちの愛娘です)。

いつもより短いですが、今日はこの辺で。みなさん、少しは勉強モードを高めてくださいね。


168回の閲覧

最新記事

すべて表示

来年に向けていろいろ考えている人へ

みなさん、またまたブログ更新が滞ってしまいごめんなさい。官庁訪問に加え、大学の学期末テストの採点業務もあり、前回のブログ更新からまた1か月以上空いてしまいました(今月最初にして最後のブログです…)。 この間、内定者や9月からイギリスに留学する元受講生が入れ替わり立ち代わり遊びに来てくれて、いろいろ衝撃的な話も聞かせてもらいました(といっても、週刊誌ネタになるような話は皆無です。せいぜい転職・休職・

官庁訪問対策について

みなさん、こんにちは。今月最初のブログです。といっても、連日、官庁訪問対策の指導(ES添削や模擬面接)で空き時間がほとんどないし、最終合格の結果はここ数年、全く眼中にないので(総合職試験の場合、最終合格は官庁訪問参加のパスポートに過ぎない上、進路変更する際、履歴書に書くこともままならないため…)、おそらく、これが今月最初で最後のブログになるかもしれません。 ずいぶん前から機会がある度に、司法試験予

政策論文添削を通して感じたこと

2次試験受験の皆様、お疲れさまでした。昼食抜きで4時間の専門記述はキツかったことでしょう(学部生の方は休憩後に2時間の政策論文もあったので疲労困憊だったと思います)。今年のウチは、昨年の教養区分で官庁訪問の権利を得ている学生、および官庁訪問再挑戦のために他社から移ってきた学生ばかりのため、記述試験は1名しか受験していません。ただし、日頃協力関係にあるアガルートさんには法律区分受験生がたくさん在籍し