• cimaacademyweb

いよいよ出願です!


みなさん、こんにちは。今年の国家公務員総合職試験も明日より出願開始です。手続きはすべてインターネットで簡単なので後回しにしがちですが、出願期間が短いので忘れずに手続きしましょう!もう何度となく言っていますが、早く本気モードになってくれることを願っています…(うちの学生だけの特殊事情なのか、それとも全国的現象なのかわかりませんが…)。

 昨年も、同時期のブログにおいて、法律区分と経済区分の採用予定数が大きく減少することを書きましたが、今年の本試験においても、法律区分と経済区分の採用予定数が減少します。採用予定数と実際の採用数にはかなりの乖離があるので(法律も経済も、実際の採用数の方がはるかに少ないです…)、各省庁の実際の採用活動に影響があるとは思われませんが、一次試験および最終合格者数は昨年に引き続き相当数削減するものと思われます(採用予定数が最終合格者数に影響するため)。採用予定数と合格者数の関係について、下表にまとめておきましたので、詳細はそちらをご覧ください。

法律区分は例年、申込者数が1万人を超えるので、一次試験を通過するためには最低でも6割~6割5分の得点が必要ですが、経済区分は、最近2年間の択一試験における合格最低点が5割未満!という異常な状態が続いていました。しかし、これだけ採用予定数を絞れば、申込者数が前年並みである限り、さすがに5割なんてことにはならないでしょう。それゆえ、早いところ、気持ちを切り替えて欲しいと願っています(ちなみに、各省庁は「法律から○人、経済から×人採用」などという区分ごとの枠に従った採用なんかやっていません。ゆえに、自分の専攻分野も顧みず上表を見て、法律の方が採用数が多いから法律区分で申し込もう!などという愚かな行動に出ないこと!)。

もし、上表と私の文章を目にして気持ちが萎えてしまった方は、冷たい物言いに思えるでしょうが、違う進路を歩むことをおススメします。とてもじゃないけれど、官庁訪問まで耐えられないと思います。一方、試験勉強に集中したいけれど、如何せんこれまでの勉強量不足のため、択一試験に不安を覚えている人は財政学・経済事情および経済史の勉強に集中するのがよいかと思います。学習範囲の狭さの割に出題数が11問もありますし、上手くいけば、教養の社会科学や時事対策にもなります。ただし、経済史を除いてこれら科目は、科目の性質上過去問というものが全く役に立ちません。

 宣伝ではありますが、ブログの最下段に案内が出ている財政学・経済事情単科講座をおススメします。2日間もあれば6問出題される経済事情は片付きますし、CIMAアカデミーでは遠方の方でもすぐに勉強が開始できるよう、問題集データのみ先に送信もいたします。択一の点数を少しでも伸ばして、余裕をもって2次試験に臨みたい方は是非ご検討ください。また、択一の目途がついた方は、早急に2次対策に着手したほうがいいですよ!経済区分の2次試験は一次試験と雲泥の差ですから…。過去問全く知らない方は、弊社のHPに2次記述解説のサンプル動画がありますので、早めに見ておくことをおススメします。

 それでは、また。


191回の閲覧

最新記事

すべて表示

来年に向けていろいろ考えている人へ

みなさん、またまたブログ更新が滞ってしまいごめんなさい。官庁訪問に加え、大学の学期末テストの採点業務もあり、前回のブログ更新からまた1か月以上空いてしまいました(今月最初にして最後のブログです…)。 この間、内定者や9月からイギリスに留学する元受講生が入れ替わり立ち代わり遊びに来てくれて、いろいろ衝撃的な話も聞かせてもらいました(といっても、週刊誌ネタになるような話は皆無です。せいぜい転職・休職・

官庁訪問対策について

みなさん、こんにちは。今月最初のブログです。といっても、連日、官庁訪問対策の指導(ES添削や模擬面接)で空き時間がほとんどないし、最終合格の結果はここ数年、全く眼中にないので(総合職試験の場合、最終合格は官庁訪問参加のパスポートに過ぎない上、進路変更する際、履歴書に書くこともままならないため…)、おそらく、これが今月最初で最後のブログになるかもしれません。 ずいぶん前から機会がある度に、司法試験予

政策論文添削を通して感じたこと

2次試験受験の皆様、お疲れさまでした。昼食抜きで4時間の専門記述はキツかったことでしょう(学部生の方は休憩後に2時間の政策論文もあったので疲労困憊だったと思います)。今年のウチは、昨年の教養区分で官庁訪問の権利を得ている学生、および官庁訪問再挑戦のために他社から移ってきた学生ばかりのため、記述試験は1名しか受験していません。ただし、日頃協力関係にあるアガルートさんには法律区分受験生がたくさん在籍し