• cimaacademyweb

教養区分のことで不安な方へ


 みなさん、こんにちは。昨日、私ははじめて今年の本試験問題に眼を通しました。前回のブログで、私は、過去4年間において春試験の教養平均点が高い年は教養区分でも平均点が高い傾向がはっきり表れており、今年の春試験は去年より平均点が1.2点ほど上回っていることから、教養区分も昨年より平均点が上昇するだろうと予測していました。

 ですが、問題を見て「知能に関しては、明らかに春より難しい…」が正直な感想でした。文章理解については判断できませんが、過去問演習を行ってきた人の多くは、数的は昨年よりも難しいと感じたのではないでしょうか?知識も、人文・社会科学はこれまでの教養区分と大きく出題傾向が変わりましたので(文学芸術が出題されたり、世界史は19世紀アジアと戦間期欧米、経済では主要経済指標グラフと国の組み合わせがでたり…)、ヤマを外されたという人も多かったと思います。

 一方、自然科学は本当に易しかったと思います。東大をはじめとする国立大学の3年生はここで点数が稼げたのではないでしょうか?(言い換えれば、早期から自然科学を捨て科目としてしまう文系学生は、こうした恩恵を享受できなかったと思います…)ゆえに、あくまで予想ですが、知能は昨年より平均点が若干低下する一方、知識は平均点は上昇するものの、自然科学の対策の有無により、標準偏差は相当程度大きくなるように思われます。

 どれだけ参考になるかはわかりませんが、CIMAアカデミー受講生の平均は、知能:13.4点、知識:18.4点でした。ただし、知識に関しては中央値が20点なので、標準偏差が大きくなっています。昨日の講義時に、素点で32点の学生には「どっちに転んでもおかしくないから、とりあえず2次対策ちゃんとやろう。だめだったらそのまま経済区分に切り替えればよい。経済区分は教養の結果がはっきりしてからでも余裕で間に合うけれど、教養の2次は結果が明らかになってからでは間に合わない」とアドバイスしました。

みなさんの参考にしてもらえればと思います。なお、前回同様、ちょっとしつこいようですが、2次試験対策が気になる方は、是非こちらもご覧ください

いつもより短いですが、それではまた。


1,183回の閲覧

最新記事

すべて表示

教養区分試験は終わりましたが…

またまた、ご無沙汰してしまいすみません(前回のブログ更新から1か月近く経過してしまいました…)。金曜日は教養区分最終合格発表がありました。うちでも、合格者からメールで連絡がありましたが、残念ながら全員最終合格とはいきませんでした…。今回の結果で感じたのは、「やはり東大は強いなあ…」でした。 もちろん、他大学の学生でも合格者はちゃんと出ていますが、うちの場合でいえば東大生は全員合格しています。しかも

教養区分2次試験頑張ってください!

20年度本試験の最終合格発表日にブログを更新して以来、ほぼ3か月ぶりです。みなさま、大変ご無沙汰しました。書きたいことがなかった(過去のブログ漁れば、情報が少ないといわれる教養区分2次試験についても一通りの対策できますしね…)のに加え、私は大学教員も兼任しているのですが、毎週6コマ動画配信というYouTuberみたいな生活と、CIMA生+アガルート生相手の教養区分2次対策指導を両立させなければなら

本当に現行の採用試験を続けますか?もっと自分の首を絞めたいのですか?

みなさん、こんにちは。一部省庁では追加募集が行われているようですが、2度にわたる筆記試験の延期に始まり、試験科目の一部削除、筆記試験前の事前面談会の実施、一次試験直後からの官庁訪問実施…と非常に長かった国家公務員総合職試験が終了しました。CIMAアカデミーは経済区分と教養区分しかない小規模予備校ですので、受講生の状況は既に把握していましたが、諸事情により内々定解禁日まで公表は一切控えておりました。

CIMAアカデミー

Email: info@cimac.jp
Tel: 080-5910-1532

電話受付時間:昼12:00~20:00(年中無休)

Facebook: https://www.facebook.com/cima.academy/

Twitter: https://twitter.com/cimaacademy