• cimaacademyweb

教養区分2次試験頑張ってください!

最終更新: 5月2日

 20年度本試験の最終合格発表日にブログを更新して以来、ほぼ3か月ぶりです。みなさま、大変ご無沙汰しました。書きたいことがなかった(過去のブログ漁れば、情報が少ないといわれる教養区分2次試験についても一通りの対策できますしね…)のに加え、私は大学教員も兼任しているのですが、毎週6コマ動画配信というYouTuberみたいな生活と、CIMA生+アガルート生相手の教養区分2次対策指導を両立させなければならなかったため、ずーっと音信不通状態になってました。


 明日からの2日間で教養区分対策は終了となりますので、ここを乗り切れば一定の頻度でブログ更新もできるかと思います(大学の状況次第では先送りになる可能性も否定できません…)。とはいえ、受講生には模擬面接等を通じてさんざん注意事項をうるさく言ってきたので、ブログ凍結の弊害はないものと思っていますが…。


 明日の企画提案試験ですが、あんな重たい白書、持っていくだけ無駄です。2時間かけて論文書いた後は、自分の順番が来るまで、話もできないしスマホ禁止はまあ当然として、本すら読むことが許されず、ただひたすら妄想にふけるしかありません。最悪、自分の順番がやってくるまで3時間くらい待たされることもあります(今年はコロナ禍の試験なので、待機時間の短縮化を期待していますが)。


 今更白書を一生懸命読む時間があるのならば、本気で教養区分合格を狙ってる人は、うちのような予備校か東大や京大の有志が実施した模擬企画提案試験でもらった課題を復習した方がずっと生産的です。で、書いた答案を1~2時間伏せて頭の中でひたすら質疑応答を妄想しまくることです。というのも、何度も模擬試験を行って同じことをいい続けてきたのですが、皆さんは答案を書くのに必死で、その答案からどんな質問が飛んでくるのか想像すらできていません。今のうちに妄想の訓練をしておかないと、明日の長ーい待機時間は昼寝時間になりかねません(信じるかどうかはみなさんにお任せします)。


 ただし、このブログを読んでこれから実践した結果、今晩眠れなくなっても責任は負いません。もしブログを読んだことで心配事が増幅し眠れなくなったら、日本時間の18日明け方4時過ぎからFacebookでオンラインライブ中継されるチェコ・フィルによる「自由と民主主義のためのコンサート」を視聴されることをおススメします(曲目はスメタナ作曲連作交響詩「わが祖国(全曲)」)。


 実は今日、11月17日は31年前にビロード革命が始まった日です。あまり日本には伝わってきませんが、わずか1000万人しかいないチェコは現在45万人を超える新型コロナ感染者を抱える深刻な状況にあり、チェコ・フィルによるコンサートも無観客とのことです。世界はもちろん、私の周りを見ても、新型コロナは人間の醜さをまざまざと見せつけたように思われます(私もその一人であることは否定しませんが…)。


 そんな時代に、自由と民主主義を求めてなおかつ一人の死者も出さなかったビロード革命の精神を思い起こさせる試みは、今年の企画提案試験受験者にも大いに資するところがあると思いますよ!今年の企画提案の課題図書が何だったか思い出してください!受講生の方は夜教室に来てくれれば、2日目に向けて模擬面接をします。なので、明日は今までやってきたとおりのことを発揮してきてください!

それでは、今日はこの辺で

297回の閲覧

最新記事

すべて表示

来年に向けていろいろ考えている人へ

みなさん、またまたブログ更新が滞ってしまいごめんなさい。官庁訪問に加え、大学の学期末テストの採点業務もあり、前回のブログ更新からまた1か月以上空いてしまいました(今月最初にして最後のブログです…)。 この間、内定者や9月からイギリスに留学する元受講生が入れ替わり立ち代わり遊びに来てくれて、いろいろ衝撃的な話も聞かせてもらいました(といっても、週刊誌ネタになるような話は皆無です。せいぜい転職・休職・

官庁訪問対策について

みなさん、こんにちは。今月最初のブログです。といっても、連日、官庁訪問対策の指導(ES添削や模擬面接)で空き時間がほとんどないし、最終合格の結果はここ数年、全く眼中にないので(総合職試験の場合、最終合格は官庁訪問参加のパスポートに過ぎない上、進路変更する際、履歴書に書くこともままならないため…)、おそらく、これが今月最初で最後のブログになるかもしれません。 ずいぶん前から機会がある度に、司法試験予

政策論文添削を通して感じたこと

2次試験受験の皆様、お疲れさまでした。昼食抜きで4時間の専門記述はキツかったことでしょう(学部生の方は休憩後に2時間の政策論文もあったので疲労困憊だったと思います)。今年のウチは、昨年の教養区分で官庁訪問の権利を得ている学生、および官庁訪問再挑戦のために他社から移ってきた学生ばかりのため、記述試験は1名しか受験していません。ただし、日頃協力関係にあるアガルートさんには法律区分受験生がたくさん在籍し